主婦でも利用可能なキャッシング先を知っておきたい

ここからご記入ください。主婦にとって借入先を探すことは、貸金業法改正に伴い難しくなりました。信販会社や消費者金融は、貸金業法に基づく貸付を行うことから、年収の1/3以上の貸付が原則として禁止される総量規制の影響を受けます。専業主婦にとって、自らの収入が無い以上は配偶者の同意書が必要になるためにハードルが高くなりました。家計を一時的な赤字から救うために、やりくりをするなかで少額の借り入れすらも難しくなっている謙譲があります。

しかし、銀行のカードローンならば、貸金業法とは別の銀行法に基づく貸付が行われるので、利息制限法による規制は受けるものの、総量規制は対象外です。専業主婦であっても、審査段階では配偶者の同意なしに世帯収入を基準として審査を受けることが出来るので、主婦が行うキャッシング先は銀行カードローンに集中するようになりました。信販会社や消費者金融よりも銀行カードローンは低金利の貸付を行っているので、審査に通過さえすればむしろ歓迎されている状況です。銀行のカードローンは、審査が厳しいと言われていますが、主婦のお申込みに際しては配偶者の収入と与信力次第では十分に借り入れが可能となるでしょう。結果として、銀行カードローンの貸付残高は伸びており、保証会社として信販会社や消費者金融が銀行カードローンに関わっている状況が生まれています。