大手キャッシング会社の借入限度額について

キャッシングを利用するときにいくら借りられるのか、今回は大手キャッシング業者を元に借入限度額に注目して話していきます。

アコム、アイフル等のCMでよく見かけるキャッシング業者を大手と思って頂いて構いません。そして借入限度額ですが、簡単に言うと決められた金額内ならいくら借りてもいいですよということです。借入限度額はほとんど10万円単位で設定され、仮に借入限度額が30万円の場合はもちろん満額の30万円借りても良いですし、20万円だけ借りるということもできます。そして後者の場合、借入限度額まであと10万円あるのでその10万円は借りなくても良いですし後日借りるということもできます。

借入限度額は法律により年収の3分の1未満にしなければならないので、年収が90万円の場合は30万円までしか借入限度額を上げられませんが、そこまでぎりぎりに借入限度額を設定してくれるキャッシング業者はほとんどありません。過去に利用経験があったり現在利用している中で、利用者がちゃんと返済能力を有していてキャッシング業者から信用を得られれば年収ぎりぎりの限度額を設定することも可能です。

取引はATMで行われ、それぞれの業者の専用ATMだと手数料が無料で取引できます。コンビニのATMでも取引を行える業者がほとんどですが、大抵の場合手数料がかかってしまうのでおすすめできません。また、返済して行くと利息と元本が減っていきます。元本の金額が借入限度額と直結するので、仮に借入限度額が30万円の取引をしている中で返済を繰り返していき元本が18万円まで減ったとしたら、返済途中ではありますがその時点で12万円の融資を受けることも可能です。しかしこのように常に限度額ぎりぎりの生活をしていると借入を止められたり借入限度額の増額の申し込みをしても業者からの信用を得られてないので申し込みの審査が通らなくなることがあるので注意しましょう。