キャッシングの「返済計画」を作成するコツ

キャッシングを利用する上で最も重要なことと言っても過言ではないものが「返済計画」です。初心者は特に、「どうすれば希望するお金を借りられるのか」ということばかりに意識が向いてしまいがちですが、せっかくお金を借りることが出来ても「返せなくなる」ことは非常に大きなリスクが発生します。

返済の負担が辛いと感じる様になれば「生活に余裕が無くなる」だけでなく、「精神的な負担が大きく日常生活に支障をきたす可能性」すらあります。しっかりとした返済計画があるのとないのでは全く状況が変わってくるので、「返済計画の立て方」を覚えておいて損はありません。

さて、具体的な返済計画の立て方に関してですが、基本的には「自分の返済能力を把握する」と言うことが重要です。カードローンを申し込む「直前」の状況における「毎月の返済できる金額」を正確に算出し、その金額で月々の返済を賄える借入金額はいくらになるのかという根拠でカードローンを選択します。

毎月1万円の返済なら余裕があるという状況であれば、金利18%で契約した場合に利用出来る金額はおおむね30万円ほどになるため、これ以上の借入れをすることは危険性が高まるという判断をすることが出来ます。

このようにして、契約する際の「金利」「返済期間」から「無理なく借入できる金額」を計算し、出来る限りその範囲に収まるように計画をしていくようにしましょう。