キャッシングの限度額には2つあります

貸金業者からキャッシングを行なう際には、消費者金融を利用していると、利用限度額と借入可能額に違いが出ることがあります。例えば、80万円の利用限度額に対して既に50万円借入があれば、借入可能額は30万円のはずです。しかし、借入可能額が15万円というケースが発生することがあります。

利用限度額を確認すると80万円に変わりが無いと、違和感を感じるでしょう。このようなケースでは、複数の消費者金融からの借入があって、他社との合計借入額が年収の1/3に近づいている時に起きることが多いです。

消費者金融は、貸金業法に則った貸付を行っているので、総量規制の影響を受けます。年収の1/3以内の貸付までしか法的に認められていないだけでなく、違反すると貸金業者に対して罰則が適用されてしまうわけです。個人信用情報機関へ情報照会を定期的に行い、利用限度額の範囲内から実際に貸付が可能な金額を絶えず確認して、総量規制に引っ掛からないように注意しています。

貸金業者にとっては、1円でも多く貸付を行なった方が利息を多く得られるので、こまめに信用情報照会を行なう手間を惜しみません。借入可能額が残りの利用限度額と一致する程度までは、返済を頑張って行なうことが望ましいでしょう。